Picoti-Picota

地面に、散らばるエサ、つつけ、つつけ、ツンツンと

私を嫌いなあの人とあの人を嫌いな私

少し前にテレビで誰かが言ってた。 「嫌いは両思いになる」 たしかに。 私は幸いにも、おおむね人に好かれる人生を送れている。 自ら声をかけていくタイプではないけれど、見た感じも善良だし(我ながら)、人を不快にさせる言動はあまりしないし、付き合い…

できなくなる人生と、できるようになる人生

私は今36歳で、もうアラフォーといってしかるべき年齢だ。 ただ、幸いなことに環境や仕事や元々の体質のおかげで、実年齢よりはだいぶ若くみえる。 まあ「若く見える」と言い張る時点で若くないんですがね。 精神年齢もここ10年まるで成長をみせないので、自…

正しい恋の決着点について

私はやさしい男によくフラれる。 今より何年か前にも、私は好きな人がいた。 その人に出会ったのはもう8年ぐらいは前なのかな。 合コンで知り合って、なんだかいいなあと思った。 だけど連絡先を交換したぐらいで、その後すぐに会うことはなかった。 1年か2…

ペーパーナイフが使えない女

封筒を開けるのがへただ。 いつも、とっさにハサミが見つけられなくて、ノリではりついたところを指で摘んではがす。 うまくはがれずに、紙の上の層だけが途中までやぶける。 わずかに開いた穴があればそこに指を突っ込んで、ぐいぐいと破いていく。 破れ目…

ピコティ・ピコタの使い方

Picoti Picotaは「ピコティ・ピコタ」と読むらしい。 ブログのネーミングを考えている時に、ニワトリにまつわる単語がないだろうかと探していて見つけた。フランス語のようだ。 トリがエサをつつく様子の擬音語のようなもの、じゃないかと思います。 何かが…