Picoti-Picota

地面に、散らばるエサ、つつけ、つつけ、ツンツンと

私は子どもが産めない

そのまま、その通りの話をします。

 

それを匂わす事ぐらいは言ったことがあるけれど、はっきりと明言したことはない。

だけど、これはもう決定事項といえるだろうと私はあきらめている、と思う。

 

あるひとつのことが原因ではなく、自分の場合複合的な理由が合わさった結果、もう子どもを望むのは無理があると結論づけている。

悲哀をあまり感じていないのが、きっと女性として生まれたわりには救いなんだろう。

むしろ、周囲に悲哀を感じさせないために言わないでいる部分さえある。

慰めもいらない、気遣いもいらない。

 

私が子どもを産めない理由

1.病気である

私は、ざっくりいうと、小児がんC型肝炎と心臓病を患ってきた。

現在進行形なのは心臓病だけど、これがよくない。

私の心臓を人並みに動かすための薬が、妊娠NGらしい。

もしも結婚したなら、その薬をやめて数ヶ月様子をみる、身体に異常が出れば中止。でなければ計画的に妊娠へ向けて病院と連携してがんばる、という流れらしい。

2.高齢である

36歳だ。酉年だ。ついでに独身だ。

今から結婚して、薬をやめて、様子見て、出来るかわからない子作りをして・・・と悠長なことを言ってたら、初老になる。

3.生理不順である

4年ほど前から、生理不順になった。もともとPMSも生理痛もあまり苦しまず、経血量も少ないがゆえに楽な生理人生を歩んできたけれど、全体的にこなくなった。

年に2.3回あるかないか、病院にも言ったけれどホルモンも正常だし、原因はわからない。

私的には、心因性のものだろうと判断しているけれど。

4.体が小さい

すごく、体が小さい。病的に小さいが、これも原因は不明だった。どうせ小児がんのせいだ。

昔調べてもらったけれど骨の形成や成長に異常もなく、そのまま捨て置かれた。お陰で若々しく見えるので、まあいいやと思ってる。高いところのものが取れないぐらいしか、不便がない。服のサイズが合わないことについては解決済み。

で、この体に人ひとりを宿したら大変そうだなあ、と思っている。

5.そこまで執着がない

「子どもを産みたい」と強く思ったことがない。

適齢期に、周囲の友人たちが子どもを産んでも、何も思わなかった。

子どもが嫌いかというとそうでもない。子どもは等しく幸せに守られ成長するべき存在だし、もしも私が富豪なら恵まれない境遇の子どもたちを養ってもいいと思う。

ただ、個人的にそこまで興味がない。だから結婚も焦らなかったし、焦らなかったおかげで今に至っている。

6.生きていたい

よく、母体か子どもどちらかを諦めないといけない、というシーンがドラマにあったりする。

本人にとっても、さらに身内にとっては究極の選択だ。

私は心臓が悪い上に、心臓の薬をやめないと妊娠できないという条件があるので、そのドラマが実現する可能性が大きいと予想している。

だけど、私は生きたい。やりたいことも経験したいこともたくさんある。何もしなくても生きたい。

だから子どもはいいや、と思えてしまう。

弁解するならば、子どものために命を張ることは、できます。

多分私は、土壇場になったらあっさりと子どもを生かすことを選べると思う。

その選択をした時に、「ああ私らしい振る舞いができたな」と満足するから。

それが怖いので、そもそも子どもなど作らなければいいと思ってしまう。

 

言い訳でも、気を紛らわしているでもなく、出産育児以外にやることはいくらでもある。

また、出産ができなくても育児はできる(携われる)。

不妊治療を否定するわけではないけれど、もしも血のつながりにこだわりさえなければ、不妊治療に使うお金で育てるべき命は、たくさんある。

ペットに愛をそそぐ代わりに、血の繋がらない人間の子どもに愛をそそぐ選択肢がある。

 

子どもを作れない女性は世に多くいると思います。

でも同じだね、って共感しあえないんじゃないかな。

苦しみをわかってあげることはできない。

また私は、苦しんでいないんじゃないくて、苦しみの消化の仕方をわかっているだけ。

だから、私は自分が子どもを産めないことに大きな落胆は感じない。

そりゃあもちろん、1度か2度、しんどい人生だなと思ったこともあるけれどね。

人生のパターンにこれだけバリエーションを持てるのは人間だからだし、と思えば、出産はできる人たちががんばってくれたらいい。

それ以外の、世界を動かす役目を我々が担うよ。と。

 

だけど、世間みんながそう思うわけじゃない。

「私は子どもが産めない」と聞いたとき、

ある人は「かわいそうに」と言うでしょう。

ある人は「まだわかんないよ、あきらめないで」と言うでしょう。

ある人は我が子のかわいさを、私へ無邪気に伝えることを躊躇するかもしれない。

ある人はそんな嫁うちに来たら困ると拒否するかもしれない。

 

だから言わない。

私は、子どもが、産めない。

私は、子どもを、産まない。

 

だって、私は生きていたいからね。