Picoti-Picota

地面に、散らばるエサ、つつけ、つつけ、ツンツンと

ありがちなSNS的症候群

Facebookにある種の違和感とか拒否感とか気持ち悪さを感じる人は決して少なくないだろうし、私もそのひとりだ。

 

いわゆるSNSではmixiから始まり、TwitterFacebookとやってきているけど、Facebookの怖いところは気持ち悪いしやりたくないし見たくないんだけどやめると取り返しが付かないような気がしてやめられないところかなと思っている。

 

その前にSNSの始まり物語など。

mixiは、いわゆる1期生の段階で始めたので、当初の「村っぽさ」を愛してハマった。

そもそも紹介されたのはネットで知り合った会ったこともない人だったし、キャラを作っているわけではなかったけど、それ以前にはチャットやホームページを介して見知らぬ人とやりとりをするノリで育ってきた「ネットの私」として日記を書いたり人と交流ができた。

そこに少しずつ変化が生じてきたのは、mixiが普及し、これまでネットの社会に縁の薄かったリアルの知り合いが流れこんできた頃だろうか。(今では信じられない話ですが、スマホもない頃でしたから、インターネットをつないだことがない、2ちゃんねるを見たらウィルスに感染すると信じてる、といった友人は少なくなかった)

メールアドレスで探されたり、あるいは普通にリアルで「mixiやってる?」と聞かれだしたり。

お互いのことをよく知らないネット友人たちと、適度な距離感と暗黙の了解の上でしっとりと和やかにコメントしあっていた日記のコメント欄に突如として、

 

「おつかれ〜〜〜!今日は楽しかったねえ★また一緒にのみいこ」

「えー!2人で飲んだの?今度自分もさそって!」

 

などとヒップでホップなノリの友人らが「俺らリア友なんで」みたいな距離感無視のコメントを差し込んできた。

 

あー、うん、そうね・・・みたいな。

例えば、「友人と飲みにいった」という話題を日記に書いても、私はそれを「誰と行ったか」など人に伝えたくないし知られたくない。

あるいは、「ここで書いてないことを、私は知ってるもんね★」みたいな、ヒミツを共有してるアピールとか。

さらには、マイミク数をひそかに競われたりだとか。

また、ネットの疑似恋愛に引っかかってる女友達の頬をはたいて目を覚まさせるだとか。

 

そんなこんなで、使い方が変わってきて、リアルに知られたくないちょっとした本音とか、心の澱みたいな闇のある話もしづらくなったりで、息苦しくなり、つまらなくなり、やめた。

あと、元々知らない人だけど、mixi初期の「友達の友達は友達」を悪い意味で引きずっている古参もいて、私のリアル友達と知るや全員にコンタクトを取り、なぜかマイミクになっているという変な人もいた。常にやりとりを監視されてるみたいで不愉快でしたな。

 

ただしmixiでは多くの良き出会いがあり、未だに続いている友人関係もある。

本来なら出会わなかっただろう人たちとの出会いを提供してくれたことは、ずっと感謝すると思う。

 

Twitterは、一度アカウントを削除したけれど、使い方はほぼ変わらない。

これは匿名としての私のノリでやっている。知り合いもいるけどそういうのをわかっている人だけと。

アルファツイッタラーはやっぱり面白いので、結構フォローしてるけど、アルファ同士が「俺ら仲良しなんで」感のあるリプ飛ばし合ってるのを見るのは、あーはいはい天上人天上人、と思ったりはしますけど。

 

そしてFacebookも、なんとなく時代の流れで始めてみたものの、今やタイムラインを見ると具合が悪くなってくる。

私は自分が非リアとは思っていない。

仕事はちゃんとしてるし、友人もいるし趣味もあるしやりたいこともあるし人生で時間が足りないと思っている。結構一生懸命人生を行きている。

あまり異性にモテないのは残念だけど、ひっそりと恋愛に片足は突っ込んで生きてる。幸せとは言いがたいとしてもな。

けど、オシャレで文化的で社交的で自然的で休日も有効活用的な生活はしてないな・・・と、Facebookを見るとなぜか劣等感を感じるのだ。

そして劣等感を感じることにさらに違和感を感じて、いやいや、私の生活は私の生活だし、人に見せていいねされないと満たされないものではないし、と思い直して、なんか疲れてくる。

 

断捨離、と考えた時に一番候補の筆頭にあがるのは部屋にある無駄なものたちではなくFacebookのアカウントだ。

でも捨てられない。

罪があるのは、Facebookにクソみたいなキラキラ生活を垂れ流す一部の承認欲求不満どもと、妙に政治的だったりスピリチュアル的だったり自己啓発的だったりするブログのシェアとそれに付随する偏った価値観を流す価値観の違う人らと、望まない広告、それらを無遠慮にぶつけてくるタイムラインだ。

友達の中にいる、多くの人々を私は好きだし、Facebookだから繋がれたねよかったね、ということもあるし、時折来る友達申請が「え、この人私の事覚えてたんだ」みたいな驚きがあったりと、そこに罪はない。

ないんだよなあ。

対策はもはやタイムラインを見ない、投稿しない、しかない。

 

ただ頭ではわかっている。

承認欲求ダダ漏らしだろうが、何も考えずただひたすらに日々の充実を投稿し、ストレスなくFacebookを楽しんでいる人が一番正しいんだろうと。

違和感だの、気持ち悪いだの、SNS疲れだのと嘆く方が哀れで愚かなんだ。

その人が楽しんでいる日常がたまたまFacebook的(あるいはインスタグラム的)であることは何も悪くなく、その輝きライフをナナメ上からニラニラ眺めるのは不健康。

あと、一番闇が深いのは、私のように違和感や疲れを感じながらも、キラキラリア充生活を投稿し続けることをやめられない人ですかね。

 

どこへ出しても恥ずかしくない、まっとうな日常を自分も送れたらよいのになあという羨望は、きっとどこかにある。

 

もしも私が「苗字かわりました♡」みたいな投稿が出来る日がきたら、少しは存在感が変わってくるのかもしれないね。